ネキシウムの口コミ評価まとめ

ネキシウムは胃酸の発生を抑えプロトンポンプ阻害効果を持つ薬であるため、利用者の口コミを見ると胃の健康に悩まされている人たちが多く飲んでいます。
元々ゲップが出やすい体質だった男性は、年齢を重ねてから夜に油っこいものを食べると胸焼けがおき、ゲップとともに胃液の逆流も発生していましたが、ネキシウムを飲むようにしたら胃液の逆流が起きなくなったと口コミに書いています。
胃液の逆流が頻繁に起きてしまうと逆流性食道炎なども起こす可能性があるため、早めに病院で診察を受けて薬を処方して貰い、飲み始めることが効果的です。
逆流性食道炎で長年悩まされている人が、他の薬でもいまいちしっくりこなくて、ネキシウムに変えたら悩まされなくて済むようになったといいます。
病院で処方される薬も様々ですから、現在飲んでいるものの効き目に疑問を感じていたら、ネキシウムにしたいと相談して見るのも良いでしょう。
ストレスで頭痛の続く男性はアスピリン系の薬を飲み続けるようになり、その薬の影響で胃が痛くなり胃潰瘍を発生させてしまった時、ネキシウムを飲むようにしたら胃の痛みが治って、胃潰瘍から回復したという喜びの声を口コミに寄せています。
胃潰瘍だけでなく十二指腸潰瘍にも有効性がありますから、痛みに耐えて悪化させるより、早期に治療に取り組みネキシウムを飲み始めましょう。
このほかにも、ピロリ菌の除菌のために利用したという口コミもあります。
胃潰瘍はピロリ菌の存在が原因のことも多く、ネキシウムには細菌やウイルスの殺菌効果も期待できる薬であるため、処方されることがあります。
飲み続ける期間は医師の指示に従う必要があるので、胃の痛みがなくなっても菌がいなくなるまで服用を続ける必要があります。

逆流性食道炎にネキシウムが有効な理由

逆流性食道炎とは胃の中に存在する胃酸が食道側に逆流して胃酸が食道を傷害して炎症を引き起こす疾患です。
逆流性食道炎が起こる原因としては主に2つの原因が挙げられます。
まず1つ目に、下部食道括約筋のゆるみによって、食道と胃の境界部が閉塞不全を起こすためです。
健常人の場合には普段は食道と胃の境界はふさがっている状態になっていますが、この下部食道括約筋のゆるみによって常に食道と胃の境界が開いた状態となってしまいます。
そうすると胃酸が食道方向へ逆流しやすくなり、特に胃酸の量が多くない場合でも逆流性食道炎が起こってしまうのです。
2つ目の原因としては胃酸の分泌過多が挙げられます。
胃酸の量が多くなると、胃の内容物が多い場合には胃酸が食道の方へとあふれ出てしまうのです。
こういった逆流性食道炎の治療には胃酸分泌抑制薬が使用されることが多いです。
胃酸分泌抑制薬にはプロトンポンプ阻害薬とH2ブロッカーが存在します。
いずれもプロトンポンプが作用点となります。プロトンポンプ阻害薬はプロトンポンプ自体の機能を阻害することによって胃酸分泌を抑制します。
一方、H2ブロッカーはプロトンポンプに存在するH2受容体を遮断することによってヒスタミンによる胃酸分泌を抑制します。
しかしプロトンポンプにはH2受容体の他に、アセチルコリン受容体とガストリン受容体が存在し、これらの働きによってもプロトンポンプは働きます。
よってH2ブロッカーよりもプロトンポンプ阻害薬の方が効果が強いのです。
このプロトンポンプ阻害薬の中でもネキシウムは特に効果の強い薬です。
ネキシウムは元々存在したオメプラゾールというプロトンポンプ阻害薬を改良した薬なのです。
オメプラゾールはラセミ体でしたが、ネキシウムの有効成分エソメプラゾールはオメプラゾールの鏡像異性体のうち胃酸分泌抑制作用の強力なS体のみを抽出した薬なので作用も極めて強力なのです。

ネキシウムの成分について

忘年会続きで生活が崩れやすいこの季節、みなさまはお元気でしょうか。
胃もたれ、胃のむかつき、胸焼け。お腹の調子の悪さを訴えて病院にかかる方もきっとおられることでしょう。
そのような症状で病院にかかった患者を診察する医師は多くの場合、胃酸の分泌を抑える「プロトンポンプ阻害薬」や「H2ブロッカー」といった種類の薬を処方しています。
なかでも、この3~4年で非常によく使われている「ネキシウム」という薬があります。
ネキシウムは先ほど挙げたプロトンポンプ阻害薬という種類の薬で、H2ブロッカー(街中のドラッグストアで売られているガスター10もこの種類の薬です)よりも強く、長く効くことが特徴になっています。
このネキシウム、薬効成分は「エソメプラゾール」と言います。
もともと日本では、オメプラール(薬効成分名:オメプラゾール)という薬がありました。
オメプラールもプロトンポンプ阻害薬のひとつで、全国のクリニックや病院で広く使われてきていたのですが、欠点として効果の個人差が大きいことが指摘されていました。
人の肝臓には「CYP2C19」という代謝酵素があり、この酵素が体内に取り込まれたオメプラールを代謝・分解していくのですが、その働きに個人差が大きいのです。
病院にかかって医師から胃薬をもらったものの、飲んでもなかなか良くならない、というようなことがあったわけです。
さて、オメプラールはS体、R体という2種類の型から成り立っています。
このうち、後者のR体オメプラールは「CYP2C19」で代謝されやすい、つまり効果を発揮している途中で分解されてしまいやすい、という特徴があります。
前者のS体オメプラールのみを抽出してきて、誰にでも効きやすい胃薬として発売されたのがネキシウムなのです。
それでは、ネキシウムについては以上にさせて頂きます。ありがとうございました。